2011年09月30日

ワン&オンリー・リーティラ総料理長オススメのレシピ「モルディブ・カレー」

モルディブといえばカレー。朝からカレー、昼も夜もカレー、1日3食カレーがメニューに並ぶのは当たり前?!
朝からカレーなんて食べれないよ・・と思っていても、ついつい朝食のBuffetに並んでいると食べてしまう、それがモルディブ好きというもの。(え、違う?笑)
きっと日本でもあのカレーを食べたい!と思う人も多いのでは。

本日はワン&オンリー・リゾーツによる『今月のワン&オンリー・レシピ』から、ワン&オンリー・リーティラの総料理長ダレル・オニール氏のお勧め、「モルディブ・カレー」のレシピをご紹介します☆

cooking.jpg

<<用意するもの>>
ロブスター 200g
オリーブオイル 40cc
たまねぎ 100g
にんにく 5g
ココナッツミルク 150ml
パンダンリーフ 5g
カレーリーフ5g
トマト50g
カレーパウダー 10g
チリパウダー 8g
ターメリックパウダー 6g
クミンパウダー 6g
コリアンダーパウダー 6g
塩 5g
ブラックペッパー 3g


<<作り方>>
1)オリーブオイルを敷いて温めたフライパンに、ニンニクのみじん切り、たまねぎのみじん切り、カレーリーフ、パンダンリーフを入れ、茶色くなるまで炒める。

2)カレーパウダー、チリパウダー、ターメリックパウダー、クミンパウダー、コリアンダーパウダーを入れて更に炒める。

3)トマトを入れて15分ほど煮詰める。
※元のレシピにはトマトのカット方法について書かれてないのですが、ダイスカットするのがよいですよね、多分。

4)殻を取ったロブスターを入れ、更に10分ほど煮詰める。
※このロブスターも特にカットするとは書かれてないんだけれど、食べやすい大きさにカット&さらに切り込みを入れると良さそう??
それともワン&オンリー・リーティラでは豪華にど〜んと丸ごと一匹出てくるのかしら?
食べた方いらっしゃいましたら、詳細教えてください(笑)

5)最後に塩、コショウを入れて味を調える。

出来上がり!

作り方だけ見ていると、簡単で自分にも出来そう!って思っちゃうけど、きっと味はプロとは全然違うんだろうなぁ・・・なんて作る前から悲観的な私(苦笑)
でも簡単にできそうなのでぜひトライしてみたいと思いますっ。

作り方より問題はむしろ材料の調達でしょうか。
パウダー類は大き目のスーパーのスパイスコーナーにありそうだけれど、「パンダンリーフ」「カレーリーフ」ってどこで買えるの?!

・・・・と思い、調べてみました。
ありました!何でも揃う素晴らしいネット通販のお店が!!

■アジア食品の通販「シャプラ」
→パンダンリーフhttp://www.shapla.jp/items/200806/post-87.html
→カレーリーフhttp://www.shapla.jp/items/200901/post-509.html

クミンやコリアンダーももちろん売ってます!このショッピングサイト、アジアン料理を家庭で作りたい方にはとても重宝しそうです。

ということで、食欲の秋、ぜひご家庭で南国の味をお楽しみください(^^)

***追記***
『今月のワン&オンリー・レシピ』という企画、かなりお気に入りで、毎月楽しみにしています☆また手軽に作れそうなレシピがあったら紹介したいと思います!!


レシピ原文はこちら。
============================================
Divehi Ihi Riha(Maldivian lobster curry)

Ingredients
• 200g Fresh lobster
• 40cl Olive oil
• 100g White onion
• 5g Garlic
• 150ml Coconut milk
• 5g Curry leaf
• 5g Pandan leaf
• 50g Fresh tomato
• 10g Curry powder
• 8g Chilli powder
• 6g Turmeric powder
• 6g Cumin powder
• 6g Coriander powder
• 5g Salt
• 3g Black pepper


Method
Heat the olive oil in a large pan and the finely chopped garlic, onion, curry leaf and pandan leaf. Sauté until the ingredients are golden in colour.

Add the curry, chilli, turmeric, cumin and coriander powders together and fresh tomato. Leave to cook for 15 minutes.

Add the lobster (without shell) and coconut milk and cook for a further 10 minutes. Finish the dish by seasoning all salt and pepper.

Serve the curry with a bowl of steamed rice.
============================================



posted by Season at 10:38| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

エティハド航空が11月からモルディブ、マーレに就航します!

現在、モルディブに行くのに多くの人が利用している主な航空会社は
・シンガポール航空(シンガポール乗換え)
・マレーシア航空(クアラルンプール乗換え)
・スリランカ航空(直行またはコロンボ乗換え)
の3つ。

最近はカタール航空やエミレーツ航空を利用して、モルディブとカタールやドバイを一気に旅しちゃおう!というパッケージも割りと目にするようになり、旅行プランの幅も広がってきたところですが、ついに、11月からエティハド航空もマーレに就航することが決まりました。

予定されているスケジュールは以下。(毎日運行)
EY278便/AUH 09時15分発/MLE 14時30分着
EY279便/MLE 20時40分発/AUH 12時05分着(翌日)

※就航前にスケジュールが変更になる可能性もありますので、利用される方はエティハド航空に確認してください。

となると、アブダビ+モルディブという、つまりは砂漠とビーチリゾートを同時に味わえるプランが組めるようになるわけです(パチパチ)
これは楽しみ!!

例えば、

アナンタラ・ディグ@モルディブ+カスルアルサラブ アナンタラ@アブダビ

とか、

シャングリ・ラ ビリンギリ リゾート&スパ@モルディブ+シャングリ・ラ ホテル カリヤト アルベリ@アブダビ

などなど。

あ、シャングリ・ラ ホテル カリヤト アルベリは砂漠のホテルではありませんが、アブダビの名所(?!)グランモスクなど市内観光には便利です。

一つ悩むとしたら行く時期でしょうか・・・
モルディブのベストシーズンは1月〜3月あたり、でもこの時期は暑いイメージのアブダビといえども結構涼しいのです。
観光するにはちょうどよい気候ですが、砂漠のホテルでプールになんて入れません!
朝晩はフリースが必要なくらいでしょうね(苦笑)

モルディブは通年海やプールに入れますし、雨季といっても一日中雨が降ることは稀ですから、
アブダビを中心に「暑すぎず、でもプールも楽しめる季節に行きたい」と考えるとしたら、4月・5月・10月・11月あたりがよいのかも?

なーんてカレンダーとにらめっこしてしまうのでした。


モルディブのビーチ
もルディブのビーチ


アブダビの砂漠
アブダビの砂漠
posted by Season at 16:20| Comment(0) | 旅の情報いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

1泊1組限定のプライベートリゾート〜ドルフィンアイランド(フィジー)〜

さて、本日、本サイトに掲載したばかりの、フィジーの「ドルフィン アイランド リゾート」について少し・・・

フカロッジと同じ The Huka Retreats の仲間入りしてリニューアルされたばかり。
以前と同じ1泊1組のプライベートアイランドリゾートです。
インテリアは前より少しモダンに、そしてサービスもぐんとグレードアップされました。

場所はというと
ドルフィン・アイランド@フィジー

このようにナンディ国際空港があるビチレブ島の北側にある島です。
空港からボートの出る港までひたすら車で移動すること2時間半。港からはボートでたった10分の距離。
もっと簡単にアクセスしたい!という方はヘリチャーターもありますのでご安心を(^^)
(ドルフィン・アイランドまでは35分〜45分のフライトです)


そして、島の中はといいますと(うーん、見難いか・・・(汗))
ドルフィン・アイランド@フィジー


島の中央部に、リビングやダイニング、プールなど寛ぎスペースであるメイン・ブレ(四角い黒っぽいところ)があり、その両隣にバスルーム&ベッドルームのゲスト・ブレ・スイートが4つ。
合計4組まで(=8人まで)宿泊可能なので、お友達と、というのももちろんOKですし、3世代旅行とか、バトラーやナニー(日本語だと乳母?シッターさん?)をお連れになっても大丈夫でございますっ。


これはゲスト・ブレ・スイートのフロアマップ。
floormap2.jpg

もちろんバスタブもあり、アウトドアシャワーやコートヤード、ドレッシングルームも。

でもほとんどの時間はビーチやメイン・ブレで過ごすのでしょうけれどね。

島内にスパ設備はありませんが、ビーチやブレでトリートメントマッサージを受けることができ、フェイシャルメニューからボディマッサージまで、ちゃんと揃ってます!!

マイペースにのんびりと他のゲストを目にすることなく過ごしたい方や、とにかく何をするにも順番待ちしたくない!という方、プライバシーをしっかり確保したい方(例えば有名人だったり、宗教上の理由で人前で水着になれなかったり)にはとってもオススメのリゾートです。

参考までにホテルが掲載している価格をご紹介しますと、、、

2011年1月日〜2012年3月31日まで
1ルーム(2名)の場合7,500AU$/泊
2ルーム(4名)の場合9,000AU$/泊

食事やスノーケリングセットのレンタルフィー、ナンディ空港からの車移動&ボート送迎は含まれています。(諸税別)
ラニアエクスペリエンス@モルディブよりは安い?!

以上、ドルフィン・アイランドの補足情報でした。
posted by Season at 14:37| Comment(1) | ホテル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。