2011年11月29日

実はあまり知られていない?ジュメイラのプール付ヴィラ@ドバイ

ドバイでもここ数年でポツポツと出てきた、プール付ヴィラタイプのホテル。
まだまだ貴重な存在(私の知る限り、数軒しかない)で、情報もほとんど出回っていないのかな?という印象。

ドバイに行くならドバイらしい高層ビルに泊まる方が、ドバイらしさを味わえる、と言われれば、確かにその通り。
でも「どこに行ってもプール付ヴィラに泊まりたい!」というリゾートオタク?も多いはず。

ということで、本日はジュメイラ・ビーチ・ホテルのヴィラ、「Beit Al Bahar (バイト・アル・バハール)」についてご紹介です。

ロケーションはジュメイラビーチホテルのすぐお隣。

パブリック(Beit Al Bahar専用)のプールは真後ろにバージュ・アル・アラブ。
Al6.jpg
(ドバイに詳しい方だと、これだけでだいたいのロケーションはわかっちゃう?)


違う角度から。プールの周りの建物はヴィラです。
Al5.jpg


こんな感じでヴィラ群がずらり。
Al7.jpg


ヴィラの入り口。アラブ風でかわいい!
Al8.jpg


間取りは1ベッドルーム(約130平米)と2ベッドルーム(約220平米)の2つのみ。
いずれもプライベートプール付きです♪

こちらベッドルーム。
Al1.jpg


隣にラウンジ(ソファ&ダイニング)。
Al10.jpg


ラウンジのダイニングセット。
Al2.jpg


バスルーム。(写真には写っていませんが、もちろんバスタブもあります。)
Al4.jpg


プライベートパティオにプール!
Al3.jpg


プライベートビーチもすぐ。(これはジュメイラ・ビーチ・ホテルと共有かな?)
Al9.jpg

ヴィラ専用のレストランもありますが、ジュメイラ・ビーチ・ホテルのものももちろん利用可能だし、Wild Wadiも無料で使用できます。
他にも、アフタヌーンティーサービスや夕食前にカナッペ&カクテルサービスがあったりと、特典もりだくさん♪

設備は充実していて欲しいけれど、泊まるお部屋はちょっと静かでのんびり寛げるところがいいわ、という方にはお勧めです!!

詳細はこちらから。
http://www.jumeirah.com/en/Hotels-and-Resorts/Destinations/Dubai/Jumeirah-Beach-Hotel/Rooms-Suites--Villas/Beit-Al-Bahar/
http://www.beitalbahar.com/


その他のU.A.Eのプールヴィラ(プライベートプール付ヴィラ)があるホテルはこちらから(^^)
http://www.destinationhotels.jp/hotels/search_result.php?search=&country_id[]=6&searchcond_id[]=3


posted by Season at 14:17| Comment(0) | ホテル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

「ザ・ペニンシュラ」が来年からフカヒレ提供中止

先日の日経新聞に掲載されていた記事より。

東京、ニューヨークを始め、本場香港の含む全てのザ・ペニンシュラ(ホテル)と、ホテルが経営するレストランにおいて、来年よりフカヒレの提供を全面停止するとのこと。
「我々の決断が、世界の次世代の海洋環境維持に寄与できることを期待している」というCEOのコメントが記載されておりました。

そういえば、数年前に行ったソネバフシ@モルディブで買ったTシャツ。
何気なく買ったんですけど、バックにこんなメッセージが書いてありました。
soneva_T2.jpg


表は胸のところにソネバマーク。
soneva_T.jpg

※私物でしかも古くなっているので、お見せするのもちょっと恥ずかしいのですけど(^^;

フカヒレの需要増加によるサメの乱獲が問題になってもう10年以上経ちますよね。
昔はフカヒレっていうと高級レストランにしかなかった気がするけど、最近は安い中華屋さん(あえてレストランとは言わない(笑))にもフカヒレシュウマイだの、フカヒレスープだの、フカヒレあんかけチャーハンだのっていうメニューがあって、微量しか入ってないとか、フカヒレっぽい別の食材とか(苦笑)、そういう裏事情?もあるのでしょうけれど、需要増加→供給増加で、安いものも結構出回るようになっているのかな、と思ったり・・・。

既に一部の種は絶滅の危機にあるのだそうで、今回、ザ・ペニンシュラのように中国企業がこうした決断を下した、ということは大きなインパクトになるだろうと思ったのでした。

ちなみに私の個人的な意見は、やはりサメの捕獲は反対!
フカヒレが一生食べれなくなっても全然構わないです、っていうかもう何年も食べていないかも?
posted by Season at 14:22| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

2012年OPENのモルディブのNewリゾート〜ニヤマ〜(NIYAMA Maldives)

2012年もまたまた沢山のリゾートがOPENする(予定の(苦笑))モルディブですが、その中から今日はガーフダール環礁にOPENするNIYAMA(ニヤマ)についてご紹介です♪

ニヤマは、既にモルディブでは水中スパで有名なフヴァフェンフシ、それから先日本サイトに掲載したドバイのデザートパームと同じ「A Per AQUUM Resort」のリゾート。
既にこの2つのリゾートをご存知の方は、モダン、スタイリッシュで夜景の美しい「デザイン性の高いリゾート」を想像されることでしょう(^^)


バスルームのライティング、やはり美しいです☆
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)

こういうカラーテイストもモルディブではちょっと珍しい気が。
ところで細かいですが、このタイプのタオルハンガーはモルディブでは定番化しつつある?
私個人的にも、とても使いやすくて好きです!

ベッドルーム。
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)

NIYAMA ニヤマ(モルディブ)


Beach Studio、いわゆるビーチヴィラのプール。
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)


ビーチサイドから見た外観。
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)

こちらはBeach Studioのバスルーム。
Nyiama Beach Studio Inside Bathroom-7705.jpg

NIYAMA ニヤマ(モルディブ)

タオルが赤い〜〜!!(っとまた細かい反応(笑))

ビーチ。
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)


もちろん水コテ(プール付)もあります。(Water Studioと呼ぶようです。)
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)



デイベッドにゴロンっ視線♪
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)

こういうViewが水コテの醍醐味ですよね。


Water Studioの外観。
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)


夜の写真。
NIYAMA ニヤマ(モルディブ)


ガーフダール環礁はまだリゾートが少ないので、隣の島の明かりが気になったり、上空を頻繁に水上飛行機が飛んだり、ダイビングに行くとボートがいっぱい、なんていうこともなく静かに過ごせるのもポイント。

いえ、本来はモルディブ自体がすべて一島一リゾートなのでどのリゾートでも静かにマイペースに過ごせるんですけど、それに慣れてしまうとどんどんエスカレートしてしまい・・・(苦笑)

・・・なんていうあなたにもお勧めです(笑)

オフィシャルサイトはこちら。OPENは2012年春ごろを予定しています。
http://niyama.peraquum.com/

ひとりごと:
オフィシャルサイトに載っているドーニは、もしかして、もしかして今や幻?のあのドーニと同じ仕様?!


またUPDATE情報が入りましたら、紹介したいと思います!
ラベル:モルディブ
posted by Season at 16:04| Comment(4) | ホテル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。