2012年05月29日

祝♪ワン&オンリー・オーシャンクラブ(バハマ)創立50周年!当時のメニューや特別プランも登場

古くから著名人に愛され続けているカリブのワン&オンリー・オーシャンクラブ。
賑やかなパラダイスアイランドにありながらも「心底リラックスして静かに過ごせる別世界である」と評され、今年の5月で50周年を迎えました。
ここには「敢えて姿を変えずにずっとワン&オンリー・リゾーツが大切にしているもの」がぎゅっと詰まっている気がします。

50年前の1962年、ハンティントン・ハートフォードが主催した「バル・ドゥ・パラディ」のオープニング・パーティーには政治家、公爵、伯爵、大使等の世界中の著名人が大集合したそう。

ニューヨークからチャーター便が飛び、
フェリー・ターミナルからホテルまではキャデラックが隊列をなしてゲストを運び、
夜空には前年の夏にカンヌで行われたものと全く同じ花火が打ち上げられ、
メイヤー・デイヴィス・オーケストラの生演奏・・・

と、その手配や費用を惜しむことなく最高のものを提供したというのですから、さすがワン&オンリーですね。

50年前のワン&オンリー・オーシャンクラブ
OOOC 50th anniversary6.jpg

チェックインするゲスト(?)
OOOC 50th anniversary7.jpg

テラスでティータイム・・・今も変らないリゾートでの光景。
OOOC 50th anniversary1.jpg

テニスを楽しむのも歴史あるリゾートスタイルの一つ。
OOOC 50th anniversary4.jpg

ベッドルーム。左にある電話が時代を感じさせますね。
OOOC 50th anniversary5.jpg

さて、50周年記念にちなんで5月1日〜12月20日までデューン・バーでは1960年代を髣髴させるクラシカルな50周年記念カクテルメニューを楽しむことができます。
DuneBar2.jpg

【夜のデューン・バー】
DuneBar.jpg

【サトウキビのシロップを使用したトム・コリンズ(左)】
【パイナップル・ジュースを使用したウイスキー・サワー(右)】
Tom Collins.jpg Whiskey Sour.jpg 

【マンハッタン(左)】
【映画「007 カジノ・ロワイヤル」にちなんだその名も"カジノ・ロワイヤル"(右)】
Manhattan.jpg Casino Royale.jpg
(ワン&オンリー・オーシャンクラブは「007 カジノ・ロワイヤル」のロケ地として有名なんです)


そして1962年オープンのコートヤード・テラスでは当時のオリジナルメニューを含む50周年記念ディナー・メニューを提供。(こちらも5月1日〜12月20日まで)

【コートヤード・テラス】
COurtyard.jpg

【トラディショナル・シーザーサラダ】
Traditional Caeser Salad.jpg

【シャトーブリヤン(テンダーロインのステーキ)】
Chateaubriand 2.jpg

【パン・フライド・ドーバー(平目)】
Pan-Fried Dover Sole 2.jpg

【ステーキ・ダイアン】
Steak Diane.jpg


50年前のオープニングパーティーを手掛けた社交界のスターであるハートフォードに敬意を表し、お友達や家族と一緒に(?)滞在するとお得なハートフォード50周年記念スペシャル「50イヤーズ・オブ・ワン&オンリー・オーシャンクラブ」が登場!!
こちらは4泊以上で2部屋目が半額になるというお得プランです。

ビーチリゾートというスタイルが流行り始めたのは比較的最近だから、歴史と由緒あるラグジュアリ・ビーチリゾートは世界でもほとんどないと言ってもいいんじゃないでしょうか。
50年前のビーチ・バカンスを感じるのは貴重な旅になるのでは^^

このプランの詳細はこちらから。
http://oceanclub.oneandonlyresorts.com/specialoffers.aspx
posted by Season at 13:27| Comment(0) | ホテル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

モルディブ、シャビヤニ環礁にオープンしたヴァイスロイ・モルディブ(Viceroy Maldives)

今年も相変わらずオープンが目白押しなモルディブですが、今日シャビヤニ環礁初のリゾート、ヴァイスロイ・モルディブ(Viceroy Maldives)についてご紹介です。

ヴァイスロイグループは日本ではあまり馴染みがない名前ですが(ちなみに日本人にとっても人気のヴァイスロイ・バリは全く別モノ、別会社です)リビエラマヤやアンギラなどのカリブ海やマイアミ、ビバリーヒルズなどアメリカ人御用達の人気エリアに、ラグジュアリなブティックリゾートを展開しています。

本サイトにもアブダビはヤス島にあるF1サーキットに隣接した「ヤス・ヴァイスロイ アブダビ」とメキシコの隠れ家的プールヴィラ(=全室プライベートプール付きヴィラ)の「ヴァイスロイ・リビエラマヤ」を掲載中(^^)

ではまずリゾートの場所からみていきましょう。
シャビヤニ環礁はマーレから水上飛行機で北上すること約1時間のところにあります。
ViceroyMaldives1.jpg

水上飛行機での移動もモルディブでは御馴染みですね。
ViceroySeaPalen.jpg


以下「」はモルディブ現地手配会社の方から届いたレポートより♪

「私達が行った際は残念ながらVICEROY専用ラウンジがまだオープンしておらずMATのVIPラウンジを利用しましたが、今後は専用ラウンジもオープン予定とのことです。

リゾートは地図上で島の右端から左端までが約1km、水上ビラの桟橋は約0.7kmとなり、島と桟橋を合わせて全長1.7kmとなります。水上飛行機はラグーンに着水し、桟橋に直接乗り付けます。

地図上、島の下側がラグーン、上側がハウスリーフとなります。また、スパの前が一番オススメのシュノーケリングポイントとのことで、イルカも度々訪れるとのこと。」
Map.jpg

「お部屋はビーチビラ、デラックスビーチビラ、水上ビラ、デラックス水上ビラ、ロイヤルビラの5タイプになりますが、現在はビーチビラとデラックスビーチビラのみのオープンとなり、水上ビラ、デラックス水上ビラ、ロイヤルビラは6月1日のオープンを予定しています。
全室内装は白を基調としている為、清潔感に溢れ、また窓が多い為明るく開放的です。

全室に、
・ミニバー ・エスプレッソマシン ・アイポッドコネクター ・DVDプレーヤー
・ヘアドライヤー ・アイロン&アイロン台
 が完備されています。」

これはビーチ側から見たビーチビラ(103sqm)
ViceroyBeachVilla1.jpg

ベッドルーム
Bedroom.jpg

リビング
Beach Bungalow_Living.jpg


バスルーム
BeachVillaBathroom.jpg

外観
_Beach Bungalow2.jpg

プールサイドのソファスペースも素敵!
BeachBangalowDeck.jpg

白を基調とした爽やかなデザインは今までモルディブにはあまりなかったテイストですね。

ファミリーが多いモルディブでは昨今必須と言われている2ベッドルームのお部屋であるデラックスビーチビラについては

「内装はビーチビラと変わりがありませんが、マスターベッドルームの他にツインベッドルームが一つ、2階にはリビングルームがあり、バスルームも3箇所あります。家族連れを意識した造りとなっており、大容量のクローゼットも完備されています。」

ですって!

これはデラックスビーチビラ(180sqm)の2Fにあるリビングルーム(CG画像にて失礼・・)
Deluxe_Upstairs_01.jpg

ツインベッドルーム
rep_viceroy2.JPG

「ビーチビラ、デラックスビーチビラ共にプールがビーチ側にありますが、木で囲まれている為プールからビーチは見えません。しかしビーチへ続く小道が作られている為、ビーチへのエントリーは簡単です。」
rep_viceroy5.JPG

プールもなかなか広そうですね。
rep_viceroy4.JPG

そして気になるのはハネムーナーに人気の水上ビラはといいますと、

「水上ビラの造りはビーチビラと同じです。デラックス水上ビラは二階建てになっていますが、デラックスビーチビラのようなツインベッドルームはありません。プールは水上ビラ、デラックス水上ビラ共にビーチビラより小さくなっています。」

オフィシャルサイト提供の水上ビラ(?デラックス水上ビラ?)のデッキとプールの写真。
LAGOONVILLA-Outdoor.jpg

お次はレストランについて。
「リゾート内で一番のオススメスポットが島内右端にあるTreeHouseとのです。その名の通り、木で出来た小屋のようでした。夕方16時から営業のバーで、軽食の提供もしています。ここからのサンセットがオススメだそうです。また、木の上にあるので、ちょっと高めの目線で青い海を眺められます。」
rep_viceroy6.JPG

rep_viceroy7.JPG

オフィシャルサイト提供のツリーハウス写真。
Treehouse_01.jpg
こういう雰囲気いいですよね!ゴロゴロうだうだダラダラしてしまいそう。

そしてスパは・・・

「スパはViceroyオリジナルブランドのThe Spaがはいっています。トリートメントルームは全7室ですが、そのうちの1室はスイートルームとなっており、トリートメントルーム内でプライベートディナーの提供も可能だそうです。その他のトリートメントルームでは、アーユルベーダやタイマッサージ等も提供しています。全室にスチームシャワーが付いています。

スパ内にはヘアサロンとマニキュア・ペディキュアルームも併設しています。」

SPA_01.jpg

rep_viceroy8.JPG

rep_viceroy9.JPG

さて、モルディブ好きの皆さんが気になるのはハウスリーフ。
今までリゾートがなかった未開の海、イルカも訪れることがあるとのことですが・・・

ViceroyHouseReef.jpg

ViceroyHouseReef2.jpg

ViceroyHouseReef3.jpg

この写真を見る限りは結構期待できそう?(上記写真はオフィシャルサイト提供のものです)

行かれた方いらっしゃいましたら、ぜひレポートお願いしまーーすっ!

ヴァイスロイ・モルディブ、オープンし立ててでまだまだ謎に包まれていますが
知らないからこそ、始まったばかりのリゾートだからこそ、の楽しみってありますよね。
私はリゾートが立ち上がったばかりで、まだオペレーションも完璧ではなくて、予想外のいろんなことが起きたりして、スタッフたちが試行錯誤しながらも何とか対応し、結束して頑張っている、みたいなエネルギーを感じるのがとっても好きです^^
タグ:モルディブ
posted by Season at 13:38| Comment(0) | ホテル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

コンデナスト・トラベラー(Conde Nast Traveler)のThe Hot List 2012

さてさて、先月(?)、コンデナスト・トラベラーのThe Hot List 2012が発表されましたね。

The Hot Listは昨年オープンした新しいホテルからチョイスされるので、
ホテル建設ラッシュであるインドのホテルが沢山・・・ですが、
今年もやっぱり注目すべきデスティネーションの1つはオーストラリア☆

全ての客室にアーティストのアートが飾られたデザインホテル
モナ・パヴィリオンズ@タスマニア (MONA Pavilions, Tasmania)
Mona.jpg


ワイルド&ラグジュアリなサファリロッジ、
ワイルドマン・ウィルダネス・ロッジ@ノーザンテリトリー(Wildman Wilderness Lodge, Northern Territories)
Wildman Wilderness Lodge
このWildman Wilderness Lodgeの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

私たち日本人に馴染みのある東南アジアのリゾートでは、先日Find Destination Hotelサイトにも掲載したばかりのカンボジア初のプライベートアイランドリゾート(一島一リゾート)
ソン サー プライベート アイランド(Song Saa Private Island,Cambodia)
ソン サー プライベート アイランド

ソン サー プライベート アイランド


や、ベトナムのダナンにある注目のプールヴィラ
フュージョン マイア リゾート(Fusion Maia Resort,Vietnam)
フュージョン マイア リゾート

フュージョン マイア リゾート

それから、Find Destination Hotelサイトには掲載していませんが、アナンタラグループ初のベトナムのホテル
アナンタラ ムイ ネー リゾート&スパ( Anantara Mui Ne Resort & Spa, Vietnam)
Anantara_Mui_Ne_Vietnam1.jpg

Anantara_Mui_Ne_Vietnam2.jpg

Anantara_Mui_Ne_Vietnam3.jpg

などがランクイン。私たち日本人にも旅行しやすい東南アジアには、これからも素敵なプールヴィラがどんどんできてほしいものです。

さて、私が個人的に注目しているチリ@南米からは・・・・

シングラー パタゴニア(The Singular(R) Patagonia, Puerto Bories)
これは客室からの眺め
The Singular Patagonia

これはスパだそうです!
The Singular Patagonia

外観はこんな感じです。
The Singular Patagonia
このThe Singular Patagoniaの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

ティエラ パタゴニア ホテル&スパ(Tierra Patagonia Hotel & Spa, Torres del Paine)
Tierra Patagonia Hotel & Spa

Tierra Patagonia Hotel & Spa

Tierra Patagonia Hotel & Spa
このTierra Patagonia Hotel & Spaの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています


NewホテルではないのでHot Listには入っていませんが、イースター島やアタカマ砂漠などチリ国内に3箇所のロッジを展開するエクスプローラの「エクスプローラ・パタゴニア(explora PATAGONIA)や、アタカマ砂漠でテーラーメイドな滞在をポリシーとするロッジ「アワシ(Awasi)」などなど、チリは素敵なホテルが満載。
今私の中で最も注目しているエリアの一つだったりします^^(私の意見はどうでもいい?(^^;))。
それにしても、なかなか行けない国なのが難....

そして近年(ややスピードダウン気味の)リゾートラッシュが続くビーチリゾートのキング?クイーン?であるモルディブでは

アヤダ・モルディブ(Ayada Maldives)
Ayada2.jpg

Ayada1.jpg

ジュメイラ・デヴァナフシ(Jumeirah Dhevanafushi)
Jumeirah Dhevanafushi
このJumeirah Dhevanafushiの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

の2つが。アヤダはモルディブ初のトルコ系リゾートグループ、ジュメイラ・デヴァナフシはジュメイラが「現在No.1である高級リゾート、ワン&オンリー・リーティラを超えるリゾートを造る!!」といつものように(?)大金を投じて造り上げられた贅を尽くしたリゾートです。

モルディブといえばシャングリラ・モルディブにモルディブ初のゴルフ場がオープンしたり、
カリブで人気のヴァイスロイブランド、ヴァイスロイ・モルディブがオープンしたり、
リゾートのスパはイスラム教に反するから廃止する!と発表しつつも翌日に撤回して大統領が辞任に追い込まれたりと、何かと話題が多い国。
今年も色んな話題を提供してくれることでしょう・・・じゃなくて、今年も素敵なホテルが沢山OPENすることでしょう。

その他気になったところは、モルディブはカヌフラと同じグループのLong Beach(モーリシャス)、先日本サイトに掲載したシチリア島のヴェルドゥーラ ゴルフ&スパ リゾートと同じグループのRocco Forte Hotel Abu Dhabi。ロッコ・フォルテがアブダビに?!というのはちょっと驚き。
フェラーリドームがあるアブダビだけに、イタリアからのゲスト狙いかしら・・・

Long Beach(モーリシャス)
LongBeach1.jpg

ロッコ・フォルテ・アブダビ(UAE)
RoccoHotel.jpg

などなど、今年も大変楽しませて頂きました。
The Hot List 2012の詳細を見たい方はこちらから。
http://www.cntraveller.com/awards/the-hot-list/hot-list-2012
posted by Season at 13:47| Comment(4) | ホテル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。