2012年12月04日

インドネシアの離島のアイランドリゾート「モンティゴ・リゾーツ ノングサ」にスパがOPEN!

すっかりご無沙汰している間に、もう12月・・・あっという間に今年も終わってしまいますね。
皆さんはもう年末年始の滞在先は決まりましたか?

さて、以前にこちらで紹介したインドネシアの離島、パダム島のアイランドリゾート、「モンティゴ・リゾーツ ノングサ」に新しくスパがOPENしました!

モンティゴ・スパと名付けられたそのスパは、インドネシア風竹造りのヴィラスタイルのトリートメントルームを13室備え、インドネシアのカルチャーが漂うデザイン。
客室ヴィラはスタイリッシュでモダンな雰囲気なので、とっても対照的ですね。

【トリートメントルーム】
(右上にちらっと見える白い建物が客室ヴィラ)
Montigo Resorts - Montigo Spa Bamboo Huts.jpg

インドネシア固有の原料をふんだんに取り入れ、モンティゴのガーデンで栽培されたガランガル、ジン
ジャー、レモングラス、丁字(クローブ)を用いたアイランド・スパイスブレンド・ボディースクラブ
や、新鮮なアロエ、キュウリ、緑茶のエッセンシャルオイル用いた日焼け後のトリートメントなどなどが揃います。

Montigo Resorts - Pre-Spa Treatment Foot Bath.jpg


また最も特徴的なのは「ウコン、ククイノキ、ジャスミン、ヨーグルトを用いる90分のジャワ式ルルール」というトリートメント。
抗酸化作用が高い原料を用いて血行促進を促すインドネシアの伝統的なリチュアルで、スパ・マネージャーによると「この由緒あるトリートメントは、ジャワの王家に伝わる花嫁のための伝統的な施術で、インドネシアの文化に触れることができるスパ体験の一つと言えるでしょう。」とのこと。

私たちにとってスパといえばバリニーズマッサージ!というくらい日本ではポピュラーなインドネシアのスパですが、ジャワ式というのはとっても新鮮。

これらの豊富なチョイスのトリートメントは、IDR 500,00(約4,300円)から。
リゾートホテルにしてはかなりお手頃な価格設定で驚きです。毎日スパ三昧してしまいそう・・・


〜補足〜
モンティゴ・リゾーツは「ファミリーに最適なバケーション」というコンセプトを掲げているのですが、ファミリー向けといって一般的にイメージされる大型の設備充実(例えばスライダープールだったり広大なビュッフェレストランだったり)の賑やかなリゾートホテルではありません。

「子供達のためのクリエイティブ・スペース、若者が集うソーシャル・スペース、また静けさを
求める大人のためのリラックス・スペース等、家族全員が満足できる場所を提供する」

というポリシーのもと設計され、プライベートプール、スカイデッキ、テラスダイニングなどの設備が備わる独立型ヴィラとなっています。(詳細は以前の記事をご覧ください(^^))

Montigo3.jpg

Mongigo1.jpg

シンガポールからボートで約30分という好アクセスで、短いバケーションでも満喫できそうなデスティネーションですね。

■モンティゴ・リゾーツ、ノングサのオフィシャルサイトはこちら
http://www.montigoresorts.com/index.html
現在はソフトオープンにて特別価格SGD 350(サービス料・税金別)〜宿泊できます。
posted by Season at 11:41| Comment(0) | ホテル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。